医療ライターとして大切なのは、クオリティよりも〆切だと思う件

Pocket

こんにちは、医療ライターの横井です。

 

私が医療ライターとして仕事をする中で、一番大切にしていること。

それは、当然のことながら「〆切を死守すること」です。

誤解を恐れずにいえば、「〆切り」は記事の「クオリティ」よりも、

はるかに優先順位が高いとさえ思っています。

 

ライター仲間と話していると、

「原稿を手直ししているうちに、あっちもこっちも直したくなってしまって、

結局ギリギリになってしまう」

という話をよく聞きます。

 

少しでも記事のクオリティを高めたい! そんな気持ちは私もよくわかりますし、

プロとして当然のことだと思います。

ですが私自身はあえて、自分の中で7割程度完成したら、どんどん入稿してしまいます。

 

理由は簡単で、その方が編集者やデザイナーなど、

たくさんの人の負担を減らすことができるから。

 

 

 

 

 

誌面を作る工程では、ライターが原稿を入稿した後に、編集者によるチェックや

校正、デザイナーさんによるデザイン、その後の印刷など、多くの作業があります。

最初の段階であるライターの入稿に余裕があれば、その後の作業も余裕をもってできるでしょう。

反対に、入稿がギリギリだとその後の工程、すべてがずれ込んでしまうリスクがあります。

 

プロのライターであれば、誰もが最低限、商業レベルはクリアした文章を書いているはずです。

そうであれば、それ以上のものをどう作っていくかは、ある程度、編集者や媒体の好みに左右されます。

そこは、ライターが1人でPCにむかってウンウン考えるよりも、

まずは見てもらって、修正のオーダーをいただいた方が、はるかに効率的ではないでしょうか。

 

 

 

事実、クライアントからは、

「このスピード感で記事をアップしてくれて、本当に助かる」

「予定よりも早く入稿してくれて、ありがとう」

など、スピードを重視した声をいただくことが多々あります。

 

はるか20年近く前、新聞社に入社した頃は、

「親の葬式より、〆切が大事」と教育されました。

働き方改革が求められる昨今、さすがに「〆切」>「葬式」はどうかと思いますが、

やはり自分以外に誌面・サイト作りに関わるたくさんの人たちのことを考えると、

「葬式」>「〆切」>「その他」くらいには〆切を死守してこれからも頑張っていきたいと思っています!

 

読んでいただき、ありがとうございました。